脂肪分解するケトン体ダイエット

ダイエットの一つの手法として、ケトン体ダイエットというのがあります。ダイエットが難しい理由として、脂質はエネルギーとして使われる優先順位が低いということがあり、ちょっと運動しただけでは糖質や筋肉を崩して作られたタンパク質を消費するのみで終わってしまうため、中々脂質が減らず根本的に体重を減らすことができないのです。

 

そこでこれを解決するために生まれたのがケトン体ダイエットです。ケトン体ダイエットとは真っ先にエネルギーとして使われる糖質の摂取を制限し、日常生活における運動や行動の全てのエネルギー源として脂質が中心に燃やされるよう体質を変化させるダイエットです。

 

ケトン体ダイエットの方法は簡単です。とにかく炭水化物が含まれていない食品を選んで食事を行います。そうして糖分の補給を行わずにいると、体内の糖質が枯渇していき、脂質を使わざるを得なくなります。

 

この状態が日常化すると、脂質を分解してエネルギーとすることが常に必要となるため、あらかじめ脂質を分解してケトン体というすぐにエネルギーとして使える状態にしておくようになります。

 

この状態へと持っていくことがケトン体ダイエットの目的で、本来ならば糖質が消費されるだけで終わる短時間の家事や歩行など、ちょっとした活動でもその量に応じた脂肪が燃えるようになります。

 

ケトン体ダイエットは従来の低炭水化物ダイエットとは違い、脂質を常にケトン体へ分解するようになったら徐々に糖質摂取量を戻していきます。そのために長期的には健康へのリスクは無いと主張されています。