脂肪分解サプリ特集!体脂肪を落とす燃焼系サプリはこれ

脂肪分解にサプリがおすすめ!

当サイトは脂肪分解サプリを紹介しています。脂肪分解サプリとは、脂肪の分解・燃焼・排出などに働く成分を含んだサプリを指します。これらの成分を体内に摂り入れれば、代謝アップに繋がり、余分な脂肪は溜めずに、痩せ体質を作り上げることが可能になります。

 

脂肪の分解に良い成分として
  • 葛の花エキス
  • 防風通聖散
  • L-カルニチン

 

などが効果的とされます。中でもカルニチンは脂肪分解酵素リパーゼを出す燃焼系成分として注目集めています。また、話題の機能性表示食品からは葛の花由来イソフラボン、漢方系だと防風通聖散は根強い人気を誇ります。当サイトは脂肪分解成分を配合したサプリを厳選して掲載しています。どうぞ参考にしてください。

 

シボヘールの特徴

シボヘールは、お腹の脂肪を減らす葛の花エキスを配合したサプリメントになります。臨床試験より内臓脂肪・皮下脂肪が平均20?減少したことが判明しています。機能関与成分の葛の花由来イソフラボンは、脂肪の分解・燃焼・排出などを促進する有能なダイエット成分です。脂肪減少はもちろん、ウエスト・体重を減らすことを助けます。当サイトより30日分が980円です。

価格 980円
評価 評価5
備考 機能性表示食品:葛の花由来イソフラボン

 

生漢煎 防風通聖散の特徴

生漢煎は、脂肪を落とすのに効果のある生薬を18種類配合した本気の漢方薬になります。ボウショウ・ダイオウ・レンギョウ・カンゾウなどをはじめ含まれる18種類もの生薬は、代謝量を高め脂肪の燃焼や分解を促進し、脂肪を落とすことはもちろん溜めないことにも力を発揮します。また、女性に嬉しい胃腸の調子を整え便通も改善する働きも期待できます。おなか周りの脂肪、食べ過ぎがやめられない、といった方におすすめです。今なら当サイトより初回半額購入が可能です。

価格 3900円
評価 評価4.5
備考 ボウショウ・ダイオウ・レンギョウ・カンゾウなど

 

ドクターズチョイスの特徴

ドクターズチョイスのL-カルニチンを1日分に500mg含有したサプリメントになります。カルニチンの中でも最も安全とされるL-カルニチンを原料として使用しており、天然かつ副作用の心配がないものとされています。また、食物繊維のカプセルを使い、安全性に強いこだわりが見られます。脂肪の分解と燃焼を促進するために理想のカルニチンサプリメントです。

価格 4380円
評価 評価4
備考 L-カルニチン

 

溜まった脂肪を分解するには?

 

一度溜まった脂肪というのはなかなか使われません。そのため、脂肪を燃やすためにはとにかく根気よく運動や減量などに励むこととなります。このとき、脂肪はエネルギーの貯蓄であるため、これを引き出すためには時間がかかるということを頭に入れておかなければなりません。

 

まず、運動によって脂肪を分解するためには、脂肪をエネルギー源としてもやせるように遊離脂肪酸の形に引き出さなければなりません。

 

一度体に蓄積した脂肪細胞を遊離脂肪酸として燃やせるようにするには、すぐに燃やせる糖質などを燃やしきり、脂肪が必要な状態にしなければなりません。脂肪を燃やすには数十分以上の運動が必要といわれるのはこのためです。

 

また無酸素運動よりも有酸素運動がよいといわれるのも同じ理由で、瞬間的に大きな負荷をかける無酸素運動は筋肉を作るためには有用ですが、直接脂肪を燃やす効果はありません。もちろん筋肉によって脂肪を燃やすことはできるため、無酸素運動で筋肉をつけ、付いた筋肉を有酸素運動で稼働するというのが好ましいです。

 

食事制限を中心に行う場合、脂質を消費するのはさらに大変です。エネルギー摂取不足が続くと脂質を消費する前にエネルギー消費を抑えるように体が働くため、摂取カロリーと併せて消費カロリーも減っていくことになり、大変な思いをして食事制限をしてもちっとも体重が減らない、そして食事制限をやめて摂取カロリーを戻しても消費カロリーはしば

 

脂肪分解のメカニズム

 

脂肪を燃やすことは想像するよりもずっと困難なことです。脂肪とは基本的にエネルギーの貯蓄ですので、まずはこれを崩してエネルギーとして使える状態へともっていかなければなりません。

 

 

溜まった脂肪組織を崩してエネルギーとして使える状態にし、血液中に流すことが脂肪分解であり、脂肪を燃焼させるために必要となるプロセスです。

 

まず脂肪分解を起こすためには、脳が指令を出さなければなりません。たとえば有酸素運動など長時間にわたる運動を行い、糖質などすぐに使えるエネルギーを消費するとエネルギー枯渇に備え脳が脂肪組織を切り崩し始めるよう指令を出します。

 

そしてアドレナリンやノルアドレナリンといった脂肪を分解するホルモンが分泌され、実際に脂肪を分解する酵素・リパーゼが活発化し、脂肪がどんどん遊離脂肪酸となり血液中に流れていくこととなります。

 

ここで気をつけなければならないのは、血液中に流れ出た遊離脂肪酸も使われなければ脂肪細胞へと戻ってしまうということです。従って脂肪を運動などで燃やすには、まず脂肪の分解を起こすために有酸素運動などを持続し、そして流れ出た脂肪酸を燃やすためにさらに運動を続けなければなりません。

 

短時間で運動を終えたとしても、よほど短い時間だったりあるいはそのまますぐに寝たりしない限りは、その後の日常生活において少しずつ脂肪が燃えていくことにはなりますが、効率を考えればやはりそれなりにまとまった時間運動を続けることが推奨されます。

更新履歴